« お花見とタコパー | トップページ | 衣装つきリハ »

2011年4月15日 (金)

『Les Misérables』

大好きなミュージカルのひとつ

『Les Misérables』を観てきました!

平日マチネのミュージカル観賞なんて久しぶり☆


『Les Misérables』は何年かぶりの観劇。

オーヴァチュアが始まった途端にもう泣きそうになり、

作品の持つパワーを鳥肌が立つほど感じました。


登場人物のジャンバルジャン、ファンテーヌ、エポニーヌ、他、、

みんな誰かに対する愛を残して死んでいきます。

何度見てもやっぱり号泣してしまう作品ですが、

その場面は毎回違ったりします。

自分がその時に置かれている状況や心境で

共感する登場人物が変わって来るのでしょう。

前回はエポニーヌ、今回はファンティーヌにいちいち涙。。

小さな娘を残して死んでいかなければならなかった彼女。

母の愛は何よりも大きく深い、いつの時代も。


実は、恥ずかしながらヴィクトル・ユゴーの原作を

・・読み切った事がないわたくし(^-^;

時代背景、人の複雑な関係、フランス文化、、、

解らなくなってくると眠くなるようで。。

でも、また読みはじめてみようかな~。

まぁ、いろいろ語ると長文になりそうなので

この辺で(^-^;


写真は帝国劇場楽屋階段にて、

タニモさんこと谷本充弘さんと、

お馴染み吉川恭子ちゃん♪

恭子はソワレに出演だったのですが、

そのアップ中に会いに来てくれました!

れみぜらぶる

『Les Misérables』、大好きな作品。

次は劇団で一緒だった吉原光夫くんがジャンバルジャンで

勿論、恭子が出ている時に観に行ってきます☆

楽しみ~(o^-^o)


« お花見とタコパー | トップページ | 衣装つきリハ »

観劇日記☆」カテゴリの記事