« またひとり・・ | トップページ | うにうにうに… »

2009年9月14日 (月)

天変斯止嵐后晴

文楽にお誘いいただき、

『天変斯止嵐后晴(てんぺすとあらしのちはれ)』

を観に国立劇場小劇場へ行って参りました!


有難いことにこれまでも何度もお誘いいただき、

文楽を観る機会を頂いてきましたが

今回は古典とまた違った面白みがあって

なんだか癒されました~!

この作品、原作はシェイクスピアの「テンペスト(あらし)」。

演出、曲、ストーリーなどが斬新!

携帯電話まで登場した時には客席がドッと沸きました!

歌舞伎で『十二夜』を観た時のような感覚で

今回もとっても楽しめました。

やっぱり日本人たるもの日本の文化を観とかなきゃ。

なんて偉そうな事を言ってしまいましたが・・(汗)

お恥ずかしながら、まだ観たことのないお能や狂言も

いつか観に行きたいと思います!!

御存じの方、おすすめ教えて下さい~(o^-^o)


さて、観劇後は恒例の

人形遣い師の“吉田幸助”さんを囲んでお食事会。

何度お話しさせて頂いても、お話がとても興味深く

舞台をかじった者の目線から様々質問してしまいます。

毎回勉強になり、益々日本の文化に興味を持ちますね!


帰りに幸助さんから頂いたおみや。

中身はと~っても美味しい海老煎でした!

御馳走さまです。

いつもお誘い頂いている御方には本当に感謝いたします!

素敵な舞台と楽しいひとときを

ありがとうございました!!


« またひとり・・ | トップページ | うにうにうに… »

観劇日記☆」カテゴリの記事