« 帰京しました! | トップページ | とうもろこし »

2009年8月19日 (水)

ACL

ACL

行って参りました!

『A CHORUS LINE』

今回も渋谷文化村オーチャードホールです。

以前、同じく文化村の映画館でみた

『ブロードウェイ・ブロードエウェイ』

今回の舞台のオーディションドキュメント映画で、

物凄く心揺さぶられた事が忘れられません。

そんなこともあり、大きな期待を胸に劇場の椅子に座り

いよいよ開演。

冒頭の総踊りのシーンから込み上げてくるものが・・

懐かしい、苦しい、感動、鳥肌、、、。

それから後はもうあっという間でした。

最初に落とされ、開演数分で舞台から立ち去る悔しさ。

ラインに並んでからの過酷なステージ。

やっぱり、自分が演じた事のある役は

自然と目で追いかけてしまいますね(汗)

振り付けも立ち位置もほとんど一緒でした!

“いや~・・・こんなんよくやったな~自分。。”

なんて感心したりして(笑)

クラシックシンガーで入った自分が、

まさかレオタード姿で舞台に立つなんて

これっぽっちも考えた事がなかったので

稽古しながら物凄く葛藤したのを覚えています。

と、当時の感情もフラッシュバックしながら観ていると

作品の深さにも改めて気づいたりも。

日本人がどう頑張っても表現しきれないところを

彼らは素で伝えられる、これはまぁ仕方ありませんね!


とにかく、個々のキャラクターがとっても際立った

とってもとっても素晴らしいステージでした!!

ラインに並ぶ全員が魅力的でしたが、

わたくしは特に、ゲイのグレックの笑えるキャラと

キャシーの迫力に心打たれました。

また、有名なナンバー

『WHAT I DID FOR LOVE』

では、舞台人のリアルな感情がストレートに伝わり

様々な気持も混じり

涙が止まりませんでした。


夢や希望に向かって頑張っていると

時に諦めや、絶望、環境などなどで

壁にぶち当たることが多いもの。

だけど、そんなときにも

自分の信じる道を進む勇気を貰えると思います!


舞台人は勿論、そうじゃない方々にも

人の心に必ず何かを訴えかける

とっても素晴らしい作品です!

こんな凄い舞台に立てていたことに

心から感謝したいと思いました。

ACL

« 帰京しました! | トップページ | とうもろこし »

観劇日記☆」カテゴリの記事