« 焼きいも〜♪ | トップページ | Boissier chocolat♪ »

2009年2月13日 (金)

文楽観劇

文楽
文楽観劇にお誘いいただき、国立劇場へ行って参りました!

演目は『女殺油地獄』。

これまで何度かお会いしている
文楽人形遣い“吉田幸助さん”
が出られている舞台ということで、楽しみにしておりました!

近松門左衛門=作のこの作品、
確か以前、歌舞伎で観たことがありました。
主役“与兵衛”は中村獅童さんが演じられ、
クライマックスの油にまみれて
ギットギト、にゅるにゅる、ツルンツルン状態になりながらも女を殺してしまう、
白熱のシーンに釘付けだった覚えがあります。

‥観たことの無い方々には何のこっちゃ?な説明ですよね(^。^;)

簡単に言うと、
『男が借金返済のために殺人までしてしまう』
というお話。

まぁ‥そこまでには親子の情も絡み、涙を浮かべてしまう場もあるのですが、、
最後はお世話になった女性を殺めてしまう‥残念ながら今の時代にも現に起きていそうな事件です。。

今回も様々な事を感じ、発見しながらの観劇となりました!

まずは人形の指先の動きがもたらす芝居の繊細さ、美しさに関心。

そして、死体が本当に死んでいること。
当然と言えば当然なのですが、
それまで人形遣いの手によって命を吹き込まれていた役が、
殺された途端に全く動かず、呼吸もぜず、生命を感じない・・これは人形だからこそ表現できる『死』なんでしょう。
どんな凄い俳優が演じても敵わない『死』ですよね。

そして、今回改めて思ったのは
人形のキャラに、義大夫、人形遣いの方が必ずしも合っていなくても成り立つ事の面白さ!

例えば、ヨボヨボの御爺さんを、若い好青年が遣い、声は一見元気そうな恰幅の良い義大夫さんが演じる。
自分が演じている訳では無いので当たり前なのかもしれませんが、人間が演じる舞台では有り得ない事ですよね!

また、この三役があってこそ初めてひとつの役が成り立つ事にも改めて関心しました!

いゃ〜‥日本の伝統芸能は深すぎですっ!!

写真は、終演後の幸助さんを囲んでのお食事会。
右が吉田幸助さん。
真ん中はいつも応援してくださっている紺野さん。

このような機会をいただいた事に感謝致します!!

« 焼きいも〜♪ | トップページ | Boissier chocolat♪ »

観劇日記☆」カテゴリの記事