« 楽器博物館 | トップページ | ☆快晴☆ »

2008年12月20日 (土)

楽器たち♪

さて、先日『楽器博物館』で見てきたモノを少しご紹介したいと思います。

入口を入るとまず目に飛び込んで来たのはインドネシアのガムラン!!

その大きなスケールにしばし見入る・・民族音楽や舞踊ってどうしてこんなに魅力的なんだろう。。

081219_111701

←ガムランの後ろにはワヤン(影絵)の人形?が展示されていました。

初めて本物を見ましたよ~!!

表には影しか見えないのに綺麗に色が付けられている事に驚き、しかも裏側にもちゃんと装色されていました。

081219_105701

←初期国産洋楽器の展示で見つけた、ひとまわり小さなピアノ。

カワイイ♪

私サイズ~!!・・ってオィ~。。

・・・そうかも(笑)。

081219_110702 ←なんじゃこりゃ~???

説明によると、テューバが現れる前にオーケストラで使われていた

『オフィクレイド』

という楽器。

”蛇”と”鍵”というギリシャ語から作られた名前なんだそうです。

・・・納得!

081219_111501 ←鍵盤楽器ルームで印象が強かったモノ。

何とも美しい絵に目を奪われました。

楽器に絵や彫刻が施されてあると、それだけでも素敵な音色が聞こえてきそうですね☆

他にも・・

『バ~ラライカは三角だぜ~♪』という武満徹さんが作られた歌がありましたが、

バラライカ(弦楽器)は本当に三角でした。

サクソフォーンは”サックスさん”というベルギー人の方が考案したのだそうです!!

・・・知らなかった~~w(゚o゚)w

こんな具合で楽器の事はド素人のわたくしですけれど、かなり堪能いたしました!

教えて頂いた方々に感謝です!

また行きたいなぁ~(o^-^o)

・・・とまぁ、ごくごく一部だけのご紹介ではありましたが、

ほ~んっっっとに沢山の珍しい楽器が展示されていていましたので、皆さま浜松に行かれた際には是非~!!

« 楽器博物館 | トップページ | ☆快晴☆ »

観劇日記☆」カテゴリの記事